柴犬カットの危険性について ~危険な理由と対策方法~

ポメラニアンを飼うにあたって

おはようございます。

あられちゃんの飼い主です。

今回は夏場に人気のポメラニアンの【柴犬カット】について

その危険性と対策方法についてご説明させていただきます。 

  • 柴犬カットで危険性なんてあるの?
  • どうやってカットしたら良いの?

といったことについてお話しさせていただきます。

ポメラニアンのことを知って、一緒にポメラニアンライフを充実させましょう。

柴犬カットとは

ポメラニアンの可愛さはなんといってもふわふわの毛並み。

我が家のあられちゃんもふわふわな毛並みには自身があります。

しかし、そんな自慢の毛並みをあえてカットすることで新しい可愛さを見出す。

それが柴犬カットです。

始めて嫁さんに柴犬カットなるものをしたいと言われた時は「???」と頭の中が?マークでいっぱいでしたが、調べてみると実は人気なカット方法のようですね。

(ちなみにポメラニアンの柴犬カットをシバラニアンというとか言わないとか・・)

そんな柴犬カットを成功させる方法を調べてみました。

ポメラニアンの毛並みの特徴

ポメラニアンはもともと寒冷地で活躍していたサモエドという種類の犬をルーツにもちます。

そのため毛並みはダブルコートと呼ばれる短く密集した下地(アンダーコート)と

長い毛の上地(オーバーコート)の2層構造になっています。

この二層構造、特に下地のおかげで寒い場所でも体温を保てるようになっています。

柴犬カットをにおける危険性~毛が生えてこなくなる~

ポメラニアンの毛並みの特徴である二層構造、その下地(アンダーコート)は

バリカンで刈ってしまうと、毛が生えてこなくなる可能性があるそうです。

 

何故生えてこないのかという理由はまだわからないそうですが、

一説には本来寒冷地で活躍するための犬種であり、そのため下地(アンダーコート)が、

日本のような夏場の暖かい季節にカットしてしまうことで

「下地は必要ないのでは?」と勘違いをして

皮膚や毛質が変わってしまうことが影響しているのでは?

とも言われております。

ポメラニアンのすべてがこのような事態になるわけではありませんが、

上記リスクを踏まえて柴犬カットを検討することが重要ですね。

 

柴犬カットにおける危険性 ~熱中症~

ポメラニアンの下地(アンダーコート)は体温調整の役割をしております。

そのため夏場に涼しくなるためにと柴犬カットをすると直接肌に紫外線があたったり、

アスファルトの熱気があたることになり逆に熱中症になりやすくなります

 

ちなみに、夏場のお散歩はまだ暑くない早朝や夕方などに実施してあげることが重要です。

体調管理に気を付けてあげる必要があります。部屋の中でも同様に気を付けてあげてくださいね。

柴犬カットを成功させるために

ポメラニアンの柴犬カットを成功させるためにはまずはバリカンを使わない

これが大前提になり、必要十分条件になります。

お店にお願いするのであれば過去に柴犬カットをした経験があるかを聞いてみる、

または写真を持ち込んで依頼するのも必要ですね。

何より大事な愛犬、カットする前にトリマーさんと相談し毛の長さやカット方法を十分に打合せた上で初めてもらえればと思います。

あられちゃんの場合

あられちゃんも実は過去に柴犬カットに挑戦したことがありますが、

トリマーさんとの意思疎通ができておらず、バリカンでカットされてしまいました。

その時の写真がこちら…

みごとにバリカンで仕上げられていますね(´Д⊂ヽ

ちゃんと昔のようなふわふわな毛並みに戻るのかなと心配したのを覚えています。

これはこれで可愛いですが、やはり毛が生えてこなくなるといわれると心配になりますね。

あられちゃんはそれから幾月かの時間をかけて、無事、毛も伸びてきました。

カットする際には十分注意してもらえればと思います。

では、また

タイトルとURLをコピーしました