【ひとり車中泊】ポメラニアンのあられちゃんと一行くための予行演習

車中泊の旅

車に荷物いっぱい積んで、今日はどこに行くの?

今日は車中泊にいってくるよ。次にあられちゃんと一緒に行くための練習してくるね。

毎日ポメラニアンのあられちゃんの可愛さに癒されている私ですが、
本日はひとりで車中泊にいってきました。

というのも、「あられちゃんと一緒に旅行がしたい」という気持ちが強すぎて車中泊専用に軽バンを購入した私ですが
問題なく車中泊ができるのか?という疑問点がありましたので、今回はあられちゃんと一緒に車中泊するための予行演習です。

この記事のポイント

いつか一緒にポメラニアンのあられちゃんと行きたい車中泊。キャンプをやるにあたっての問題点を洗い出すための予行演習ですが、結果ひとり車中泊を満喫してしまったお話しです。

ポメラニアンを飼い始めて3年の私ですが、この3年間でしつけ本やYouTubeなどなど沢山勉強させていただきました。その中で犬を飼うにあたり悩んだことや、良かったこと、ただただあられちゃんが可愛いということを発信させていただきます。

本ブログを読むことで【あなた】と【あなたの大事な愛犬】の楽しい生活のお役に立てれば幸いです。

【準備】車中泊をするために軽バン購入、そして内装に工夫を

あられちゃんと旅行に行きたいな…

ポメラニアンのあられちゃんと旅行に行きたい!!
その気持ちだけで買ってしまった車中泊専用車両。

愛犬を連れて旅行ってなかなか難しいですよね。
旅行、特に寝る場所の問題を解決するために考えたのが「車中泊」でした。

とはいえ、裕福では無い我が家。
対策としては「軽自動車、商業用のバン」を改造して車中泊仕様にしてしまえば良いのではないか!?

そうだ!!安い軽自動車を買って、車中泊仕様にしてしまえば良いんだ!!

ということで購入した軽自動車。
あられちゃんも「車中泊」に興奮してこの表情ですね。

そして、内装を改造していきます。
「改造」と言っても難しいことはできませんので、あくまで「寝やすい工夫」をした程度ですけどね。

後部座席を倒して、荷台をフラットに。
そして、マットと断熱材を引いて寝やすさを追求しました。

実際に荷台を車中泊仕様にするのはこちらのブログを見てくださいませ(*´▽`*)

キャンプの醍醐味、焚火は外せませんね

キャンプと言えば「焚火」
今回はせっかくなので薪を購入して焚火をしたいと思います。
形から入る私は【ハスクバーナー】の斧を購入。

よっしゃー!これで素敵なキャンパーになれるぜ!!

そして最高の夜へ。

キャンプは楽しいですね。

でも、ポメラニアンのあられちゃんと一緒にキャンプをするのであれば考えてあげたいのは「火の危険性」ですね。

うっかり近づいて火傷!!なんてことにならないように
リードの準備と対策が必要ですね。

犬と一緒に車中泊 確認ポイント

車中泊でキャンプをするのであれば楽しみたいのは「焚火」。でも火は危険がいっぱいですね、安全確保のためにリードなどの準備が必要です。

この快適空間ならポメラニアンと一緒にいっても問題ない

より快適な寝心地を目指す私としては、寝袋は違う…
そう、毎日利用している布団をそのまま荷台に乗せるという暴挙をさせていただきました。

これは快適空間をですね。
もう、普段のベッドと同じです。

移動できるホテルといっても過言ではない!!快適空間の完成だ!!

でも、愛犬と一緒に車中泊をするのであれば考えてあげたいのは「お水」。
夜中に愛犬が喉の渇きを覚えても今回のように布団が引き詰められている状態では「お水」を飲ませるお皿を置く場所もありませんね。

家の中でも「常に新鮮なお水が飲める」状態にしていると思いますが、
車中泊の車内も同じ環境にする必要がありますね。

犬と一緒に車中泊 確認ポイント

車中泊の際の車内でも「新鮮なお水がいつでも飲める」ように準備してあげることが必要ですね。

布団の配置場所やサイズなどを考慮して準備しましょう。

次はポメラニアンと一緒の車中泊ですね

今回ひとりで車中泊の旅をしてポメラニアンのあられちゃんと一緒に車中泊をする場合に必要な準備が見えてきました。

愛犬の安全と健康を考えた配置と対策が一番大事ですね。
それらを踏まえて車中泊仕様のこの車両をもう一度改造していきます。

あられちゃん、次は一緒に車中泊だよ!!

やったー!!次は一緒に行こうね。

ひとりの車中泊は気楽ですが、少し寂しかったのも事実ですね。
次はあられちゃんと一緒に行きたいと思います。

【ひとり車中泊】今回はポメラニアンのあられちゃん不在です。

では、また☆

タイトルとURLをコピーしました